女性の抜け毛予防方法

女性の抜け毛はストレスや生活習慣などが原因で起こる場合も多いですが、貧血や甲状腺機能の異常など病気によって抜け毛の症状が出る場合もあります。

その場合は原因となっている病気を治療することが必要です。
通常の抜け毛であれば心配はありませんが、脱毛症になっているのにそのまま放置すると毛が生えてこなくなることもあります。

そうなる前に抜け毛の原因を取り除き、予防することが大切。
抜け毛にならないための予防法について具体的に見ていきましょう。

シャンプーが合っていないと抜け毛になる?

女性の抜け毛は頭皮環境が悪くなることで起こります。
考えられる原因としては、ストレス、シャンプーやリンスなどが合っていない、パーマやカラーリングなど頭皮への負担、不規則な生活習慣、偏った食事、運動不足などが挙げられます。

さらに過度がダイエットも栄養不足となり頭皮にも栄養が行かなくなるため、抜け毛を引き起こす原因となります。

抜け毛を予防するには、そのような原因を作らないことが必要です。

女性に多いのはパーマやカラーリングのしすぎです。
シャンプーやリンスでも頭皮に合っていないということもそうですが、パーマ液やカラー液は頭皮に刺激を与えてしまうことがあります。

そうなると頭皮が炎症を起こし、頭皮環境が悪化して抜け毛につながります。
予防としてはシャンプーを低刺激のものに変える、パーマやカラーを控えるようにしましょう。

また、ストレスが引き金となり抜け毛になることも多いです。
リラックスできる頭皮マッサージやブラッシングを習慣にするようにしましょう。
→さらに抜け毛や薄毛の予防・改善方法が知りたい方は『女性のための薄毛・抜け毛予防と改善法 | スカルプDボーテ公式サイト』へ

フケが多い人は注意!休止期脱毛症の可能性が

脱毛症と言われるものの一つに休止期脱毛症があります。
その原因は、接触皮膚炎、脂漏性脱毛症、フケ症にともなう脱毛、男性型脱毛症が考えられます。

接触性皮膚炎というのは、シャンプーやパーマ、カラー液などが頭皮に合わずに刺激となり、炎症を起こした状態です。

脂漏性脱毛法は、頭皮の皮脂の分泌が活発になり、脂性のフケが増加することで毛穴をふさぎ、さらに細菌が増加して炎症を起こして髪が抜け落ちてしまう状態です。

頭皮が脂っぽい、フケやかゆみがひどいなどの症状が出たら皮膚科に行くことをおすすめします。

頭皮の状態が悪くなると乾性・湿性のフケが多くなり、毛穴を塞いだり、炎症を起こしたりして髪が抜けてしまう状態です。

フケが出るのは頭皮の脂がエサとなる細菌が増殖することが原因。
殺菌力のあるイオウ配合のシャンプーを使うことが改善になることも多いです。

男性型脱毛症は、男性ホルモンの作用で毛髪が産毛のようになり、全体的に薄くなる状態です。

原因はホルモンバランスの乱れです。
対策としては薬や育毛剤による治療がすすめられます。

規則正しい生活、栄養バランスの整った食事、適度な運動などでホルモンバランスを整えることが予防になります。

個人差もありますが、頭皮に優しいシャンプーを使うことで抜け毛予防になります。
そこで、おすすめなのはアミノ系シャンプーです。

髪や頭皮はタンパク質でできています。
タンパク質はアミノ酸によって構成されていますので、アミノ酸のシャンプーを使うことは頭皮への刺激になりにくく、頭皮を守るバリアの役割を残しながら汚れを落としてくれるのです。

洗浄力は弱くなりますが、抜け毛予防としては適しています。
また、頭皮ケア目的とした育毛タイプのシャンプーも抜け毛予防にはおすすめ。

頭皮環境を整える作用があるので、優しく洗うことができます。

頭皮を清潔にするには洗浄力の強いシャンプーを使う?

頭皮環境の悪化が抜け毛の原因になるのであれば、頭皮を清潔にすることが大切となります。
頭皮を清潔にするには、洗浄力の強いシャンプーを使わなければ、汚れが落ちないのではないでしょうか?

汚れが落ちないと、細菌などが増殖し頭皮環境が悪化してしまうのでは?と考えられないでしょうか?

確かに、洗浄力の強いシャンプーは汚れをキレイにしてくれる効果があると言われています。
もっとも多く市販されているシャンプーも、炭素が多く含まれていて、泡立ちがよくて皮脂をキレイに洗い流してくれます。

しかし洗浄力が強いと、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうのです。
刺激も強く、乾燥やかぶれなど頭皮の炎症を起こしやすいのです。
特に乾燥肌や敏感肌の人は注意が必要です。

頭皮への負担を軽減して抜け毛予防

女性の抜け毛予防としては、規則正しい生活や栄養バランスの取れた食事、適度な運動といった生活習慣を改善するとともに、ストレス発散などストレスを溜めないことが必要です。

また頭皮環境を悪化させないためにも、頭皮に刺激のあるシャンプーやリンスを控える、パーマやカラーリングなどをし過ぎない、といったことにも注意し、頭皮への負担を少なくすることが大切です。