女性が理想の体脂肪率になるために体重を減らすコツ

理想的な女性の体脂肪率


周りから見れば少しも太っていないのに、「自分は太っている」と感じてダイエットをしている人は多いようです。
そういった人たちが気にしやすいのが体重ですが、実際は体重よりも見た目の方が大事ではないでしょうか?

女性として美しく見えるのはガリガリに痩せているよりも、女性らしい丸みがあり、メリハリのあるボディです。
そういった体は適度に筋肉があり、引き締まっているもの。

体重は見た目よりもあるもの。体脂肪率が少なすぎると不妊にもつながります。
女性として理想の体脂肪率はどれくらいか、効率的に体脂肪を落とすにはどのような方法があるかを具体的に見ていきましょう。

理想の体脂肪率になる方法

女性らしい体脂肪率は20~23%だと言われています。
この体脂肪率が女性の体が正常に機能する体脂肪率とも言われていますので、20~23%の体脂肪率を目指してダイエットをしましょう。

ダイエットの目安として体重を気にする人もいますが、適度な筋肉が付いていた方がメリハリのある体になれます。

その場合、体重は見た目よりもある場合が多いです。
理想の体脂肪をめざし、女性らしい、健康的な体になるには、どのような方法があるでしょうか?

一つは食事の量を極端に減らすのはNGです。摂取エネルギーが少ないと体は飢餓状態にあると思いこみ、脂肪を確保しようとして脂肪が付きやすい体になります。

食事は三食をバランスよく食べるようにしましょう。
ドカ食いや夜遅い食事は控え、血糖値を超人安定させる日本料理を摂ることが大事です。

体脂肪を落とすためには、有酸素運動がおすすめ。ウォーキングや水泳を週に3日は行いましょう。
さらにインナーマッスルを鍛えることで、脂肪が燃えやすい体になります。

日本人女性の体脂肪率の平均

体脂肪率とは体重の中の脂肪の割合です。
体脂肪は体の健康を維持していくために、さまざまな役割を担っています。

体温調節や免疫などのホルモン分泌、体を動かすためのエネルギーの蓄えなど、健康を維持していくために体脂肪は重要なものなのです。
日本人の理想の体脂肪率は、女性で20~28%です。

日本人は世界においても肥満率が低く、他の国と比べると太っている人の率が低い国です。
その理由は、日本食が太りにくいこと、若い年代の人は痩せている姿を目指す傾向にあることだと考えられます。

確かに体脂肪率が高いと、さまざまな病気を引き起こしたり、膝など体に負担をかけたりすることが多いです。
しかし女性の場合、体脂肪率が低すぎると、無月経などになることがあり、不妊につながります。極端なカロリー制限をせずに、栄養バランスを考えた食事が必要です。

体脂肪率が低い場合は高タンパク、高カロリーな食事が効果的で、体脂肪率が高めであれば、低脂肪の食事を心がけましょう。

また体脂肪率を落とすには、有酸素運動が効果的ですが、脂肪を燃焼させるには20分の時間が必要です。運動を始めてから20分は継続して体を動かすようにしましょう。

さらに引き締まった体を作るには筋トレが有効です。
腹筋やダンベル運動など筋肉を鍛える運動を取り入れることで、体脂肪率の低い引き締まった体を手に入れることができるはずです。
(渋谷DSクリニック渋谷院院長 林博之先生談)

朝食に菓子パンなどを食べている人も少なくないのではないでしょうか?
菓子パンは高カロリー。アッという間に脂肪になってしまいます。

そこでオススメなのがグリーンスムージーです。
グリーンスムージーとは、ホウレンソウや小松菜など緑の生の野菜とフルーツ、水をブレンダーで混ぜ合わせたものです。

野菜や果物のもつ栄養素を取り入れることができ、消化しやすい、食物繊維が豊富で便秘の解消になります。
低カロリーで葉酸やカルシウムが豊富なので、免疫力もアップするというメリットもあります。

体脂肪の落としすぎや増やしすぎは不妊につながる?

ふくよかな方が健康的だし、安産型として子どももたくさん産めるだろうし、体重を減らしたり、体脂肪を減らしたりせず太った方が健康的かもしれない、と考える人もいるかもしれません。

また、やはり太っているより痩せている方が女性として魅力的だといった考えが変えられない人もいます。
しかし、体脂肪率が15%を下回ると妊娠率が下がり、10%を下がるとさらに人院が困難になってしまうのです。

また、体脂肪率は30%を超えると妊娠率が低下傾向になり、40%を超えると妊娠が困難になると言われているのです。

体脂肪率が低いと脳が妊娠する準備が整っていないと判断し、無月経になってしまうのです。
妊娠したいのであれば、体脂肪率は平均値になるよう努力が必要です。

女性の理想の体脂肪率は20~23%と言われています。
体脂肪率が低い人は高カロリーで高タンパクな食事、運動を心がけ、体脂肪率が高い人は、低脂肪の食事を心がけましょう。

有酸素運動を20分以上行い、さらに引き締まった体を作るなら筋トレがオススメ。
体脂肪が低すぎてもキレイな体にはなれません。
女性らしい魅力的な体になるためにも、理想の体脂肪率をキープしましょう。