ヨガと自律神経にはどんな関係があるの?


心と体をコントロールし、いつまでも若く健康であるために大切な自律神経。
しかしストレスの多い現代社会では、自律神経はバランスを崩して乱れてしまいがちです。

そこで実践したいのが、人気の健康法であるヨガ。
ヨガには自律神経を整え、改善していく効果があります。

しかし、なぜヨガを行うと自律神経のバランスが良くなっていくのでしょうか?
実はヨガと自律神経には、密接な関係があるのです。
そのメカニズムと効果について、詳しく見ていきましょう!

自律神経って何?

そもそも自律神経とは、内臓や血管など体内器官をコントロールするために欠かせない、体の根本的な仕組みを支えている神経のこと。
昼間の活動時や集中している時に活発になる「交感神経」と、夜眠る間やリラックスしている時に活発になる「副交感神経」の二種類で成り立っています。

私たちはこの二つの神経をバランス良く切り替えることで、緊張したりリラックスしたりを繰り返し、健康な状態で日々を過ごすことができるのです。

しかしどちらかの神経が優位になってしまうと、バランスが崩れて健康状態を維持できません。現代社会では、交感神経が優位になってしまう人の方が圧倒的です。

交感神経が優位になってしまうと、呼吸が浅くなり体の隅々まで酸素が行き渡らなくなり、様々な不調を体にきたすことになってしまいます。
つまり、「自律神経を整える」ということは「副交感神経を活発にする」とも言い換えられます。

自律神経が乱れる原因と乱れた時の症状とは

季節の変化や夜型生活など自律神経が乱れる原因は様々ですが、代表的なものはズバリ「ストレス」。
緊張している時やイライラしている時は呼吸が浅く速くなっていきますが、これは交感神経が活発になっている状態です。

逆にリラックスしている状態では、深くゆっくりとした呼吸になります。

通常、緊張状態は一時的なものでまたリラックス状態になるものですが、ストレス過多な現代では、緊張状態がずっと続くという人も少なくありません。
すると自律神経のバランスが崩れてしまい、様々な症状を引き起こします。

動機や息切れ、めまいや頭痛、肩こりなどが代表的な症状。
また疲れがいつまでも取れなかったり、常にイライラしたりすることもあります。

自律神経の乱れから起こるその他の症状

また乾燥肌や吹き出物など肌トラブルの原因になったり、肥満や痩せにくい体質の原因になったりすることも。

他にも胃もたれや食欲不振、便秘、倦怠感やボーっとするなど症状は実に多岐にわたるため、自身の不調の原因が自律神経の乱れにあることに気が付かない人も多いようです。

あなたも夜遅くまで起きていたり、ストレスを感じる機会が多かったりしませんか?
現代社会では、自律神経を乱す要因があちこちにあります。
「なんだか調子が悪い」と感じる時は、自律神経のバランスが崩れているのかもしれません。

ヨガが自律神経の乱れを整える!

なぜヨガが自律神経のバランスを整えるかというと、ヨガ独特の「呼吸法」にその秘密があります。自律神経の改善の鍵は「呼吸」です。

基本的に自分の意志で自律神経をコントロールすることはできないのですが、呼吸を意識的に変えることで、交感神経と副交感神経のバランスを取ることが可能になります。

ヨガは、ゆっくりと深く息を吸って吐く「腹式呼吸」が基本。
この呼吸を意識的に行うことでリラクゼーション効果を高め、副交感神経を優位にすることができます。

血管が開き、血流が良くなって抹消まで酸素を届けることができるはず。
自律神経のバランスが良くなり、様々な症状を改善することが可能となります。

また自律神経を整えるためには、適度な運動も大切です。
ヨガのポーズや動きは、まさにぴったり。
無理なく体を動かすことができるため、自然に自律神経を整えることができるのです。

交感神経を刺激してしまう事

たとえば急に激しい運動をしてしまうと、逆に交感神経を刺激してしまいます。
まずはゆったりとした動きから始め、徐々にエクササイズを強化しながら体のひとつひとつの機能を高めていくことが大切です。

更に呼吸と動きを合わせ、脳から出した指令を指先にまでしっかりと伝えることで自律神経を整えることができます。

最後に再びゆったりと呼吸をしながらクールダウンすることで、副交感神経を活発にすることができるのです。

ホルモンバランスを整える効果も

実は、自律神経とホルモンバランスには密接な関係があります。
自律神経の働きは脳の視床下部で制御されますが、この場所は同時にホルモン分泌を制御する場所でもあります。

そのため自律神経が乱れるとホルモンの分泌にも影響があり、女性ホルモンや成長ホルモンなど女性の若さや美しさを保つためのホルモン量が少なくなってしまいがち。
すると火照りやのぼせ、発汗などに代表される更年期障害の原因となったり、生理不順や不妊の原因となったりするのです。

逆に言えば、自律神経を整えることはホルモンバランスの正常化にも大いに効果があります。
自律神経のバランスを改善することで、たっぷりとホルモンを分泌させることもできるはず。
女性に欠かせない美肌やダイエットにも役に立ちます。

それまで苦しんできた悩みを解決し、いつまでも若々しく美しい自分を保つことも可能です。
ぜひヨガを実践し、健康で若いボディを手に入れましょう!